ある実験によると、調理に用いる食酢の主な成分である酢酸が、ダイエットの大敵である脂質の、合成抑制および燃焼の促進を誘ったり、肥満寄りの人間のいつの間にか溜まった内臓脂肪を減じることができることが知られています

よく言われる拒食症とは、「減量したい」という一般の若い女性の間に一般的に見られる欲望から派生したいきすぎたダイエットをすることが要因の病状だと言われている。

減量することと元通りになってしまうことを幾度も繰り返すと、基本的には少しずつ一般には体重や体脂肪率は低下しにくくなるので、痩せられた後の十分な自己管理も重要な注意点なのである。

肩甲骨のあたりには脂肪そのものを焼却させる褐色脂肪細胞が現存しています。肩甲骨を動かしていくと褐色脂肪細胞を元気にし、蓄積した脂肪を簡単に燃やすことができる健康的ボディを育てます。

なかんずく恵まれた先進国では、ダイエットとは現実的にいうと「食事療法を使った体重を減らす事」のみを一般的に意味する文句である、との共通した認識が広がっているのが実際の状況である。