高熱が特徴のインフルエンザの効果的な予防法や医師による治療といった基礎的な対処策は、季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでもほとんど同じです。
ストレスが溜まる経過や簡単なストレス対策法など、ストレスというものの正しい知識を学んでいる方は、まだ少ないようです。
アルコールを無毒化する作用のあるナイアシンは、辛い宿酔に効く成分です。嫌な二日酔いの大元とされる酢酸アルデヒドという物質のクラッキングにも関係しているのです。
脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常が主因でもたらされる発疹で、分泌がおかしくなる誘因としてはアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの乱れやV.B.コンプレックスの慢性的な不足などが大きいと言われているのです。
乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、かわって、2012年9月1日より予防接種法で接種が推奨されている定期接種として導入されるため、集団接種ではなく医療機関で個々に注射するスケジュール管理の必要な個別接種になりました。
トコトリエノールの作用としては酸化を遅らせる機能がおそらく一番知られていると思いますが、更に肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりするというようなことが言われています。
耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人だけに感じられるタイプの「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように当事者以外にも性能の良いマイクロホンなどを使用すると響いてくるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。
ピリドキシンは、色々なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれるエネルギー代謝のために欠かせない重要な回路に入れるために再びクラッキングするのを補助する作用もあります。
抗酸菌のひとつである結核菌は、感染した人がゴホゴホと「咳」をすることで外気に撒かれ、空気中でふわふわ飛んでいるのを今度は他の人が吸い込むことにより次々に感染していきます。
スギ花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻詰まり、連発するくしゃみなど)のために夜よく睡眠を取れないと、それが主因で慢性的な睡眠不足となり、翌朝からの行動性に悪いダメージを与えるかもしれないのです。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという特性があるため大気中にあるオゾン層でその一部が吸収されるものの、地表に達したUV-Bは皮ふの表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破壊するなど、皮膚に悪い影響をもたらすのです。
AEDというのは医療資格を保持しない人にも利用する事のできる医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの通りに利用することで、心臓が細かく震える心室細動の治療の効果を実現します。
脂溶性であるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を促すという事が知られており、血液の中のCa濃度を操作して、筋繊維の機能を操作したり、骨を生成してくれます。
汗疱状湿疹(汗疱)は掌や足の裏、指と指の隙間などにプツプツとした細かな水疱がみられる病状で、通俗的にはあせもと言い、足の裏に出ると足水虫と思い込まれることも多くあります。
ヒトの耳の構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に大別されますが、中耳の近くに黴菌やウィルスなどが付着し、炎症がみられたり、液体が滞留する病気が中耳炎なのです。