環状紅斑とは何かというと輪状、すなわち円い形状をした赤っぽい発疹や湿疹など、皮膚の病気の総合的な名前であり、その誘因はあまりにも様々だといえます。
AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を保持しない人でも利用する事のできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスに沿って動くことで、心臓が細かく震える心室細動の応急処置の効果を可能にします。
数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、非常に丈夫で軽くて着け心地が良い上にとても持ちが良く、シャワーなどで濡らしてもふやけずに使用できるという特長があり、今の日本のギプスのメインとなっているのです。
緊張型頭痛というものは肩こりや首のこりから生じる患者数が多い慢性頭痛で、「ギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「ドーンと重苦しいような耐え難い頭痛と表現されることが多いようです。
四六時中肘をついた横向きの状態でTVを見つめていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、ハイヒールなどをよく履くという習慣は体の左右の均衡を崩してしまう素因になります。
何か物を食べる時は、食物をなんとなく口に入れたら数十回噛んで飲み下すだけだが、それから人体は本当によく働いて食物を身体に取り込むよう励んでいる。
好気性桿菌のひとつである結核菌は、保菌者がゴホゴホと「せき」をすることで室内に放り出され、空気中にふわふわ流れているのを誰かが吸い込むことで次々に感染していきます。
既に歯の表面を保護しているエナメル質を減らすほど進んでしまった歯周病は、たとえ症状自体が治まったとしても、失った骨が元の量に戻るようなことは無いと考えておいた方が良いでしょう。
チアミン不足が原因の脚気の症状は、両手両足が何も感じない麻痺状態になったり脚の浮腫などが象徴的で、病状が進むと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全などを呼び込む可能性があるということです。
亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係する酵素や、細胞もしくは組織の代謝機能に深く関係する酵素など、200種類以上ある酵素の構成物質となるミネラルの一種なのです。
パソコン画面の青い光を低減させるレンズの付いたメガネがいま最も人気を集めている要因は、疲れ目の予防に大勢の人が四苦八苦しているからだと推測することができます。
体脂肪の量(somatic fat volume)は変動が無いのに、体重が食事や排尿等によって一時的に増減するような場合、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少した方は体脂肪率が高まることがわかっています。
塩分と脂肪の摂り過ぎを中止して無理しない程度の運動に尽力し、ストレスを蓄積しすぎないような毎日を続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め防止する知恵なのです。
気分障害の一種であるうつ病は脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、不眠、気分の落ち込み、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦り、意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図等の様々な症状が出現するのです。
今、比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に抗する免疫力を保持していない人々が増加していることや、早合点のせいで受診が遅れることが要因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染が増えていると言われています。