スギの木の花粉が飛ぶ春に、まだ小さな子どもが体温は平常なのにしょっちゅうクシャミしたり水っぱなが出続けている症状に当てはまったら、残念ながら杉花粉症の可能性があるかもしれません。
ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手先や足先がマヒしたり脚の著しいむくみなどが象徴的で、発症から時間が経つと、深刻な場合、心不全も発症することがあるようです。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、最も多い中耳炎で比較的幼い子供によく発症します。耳の痛みや38℃以上の発熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などの様々な症状が出現するのです。
食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、日々のストレス、加齢というような多様な原因が融合すると、インスリンの分泌量が減ったり、機能が鈍化したりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。
クモ膜下出血(SAH)とはその8割以上が「脳動脈瘤」と言われる脳内の血管のコブが破裂してしまう事で罹患する致死率の高い病気だと多くの人が認識しています。
毎年流行するインフルエンザに対応する予防法や医師による治療を含めた必須とされる措置は、それが季節性のインフルエンザでも未知なる新型インフルエンザでも同じなのです。
数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、強靭で軽量で耐久性があって、シャワーなどで濡れても壊れずに使えるという特長があるので、現在採用されているギプスのメインでしょう。
アルコールを分解するという効果のあるナイアシンは、宿酔に極めて効果的です。宿酔の誘因物質だと考えられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の分解にも力を発揮します。
骨折して多量に出血した際、低血圧になって眩暈やふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの脳貧血の症状が出る時があります。
杉花粉症などの緒症状(鼻水、酷い鼻詰まり、クシャミ等)のために夜よく睡眠を取れないと、それが要因で睡眠不足の状態に陥り、翌朝起きてからの仕事に芳しくないダメージを及ぼすこともあります。
我が国における結核対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に準拠して実施されてきましたが、平成19年から他の数ある感染症と同様に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に準拠して実行される運びとなりました。
基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もしていなくても燃焼する熱量であり、5割以上を身体中の筋肉・最大の臓器である肝臓・頭部の脳の3つが使うのです。
悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、正常なら人の体を癌から保護する役目を果たす物質を創造するための金型である遺伝子の不具合によってかかってしまう病気だということが分かっています。
素人判断では骨折したのかどうか判別できない場合は、痛めてしまった所の骨をゆっくり突いてみてください。その箇所に激しい痛みを感じたら骨折しているかもしれません。
栄養バランスのいい食生活や体を動かすことは当然のことですが、心身両面の健康やビューティーアップを目的とし、食事とは別に数種類のサプリメントを摂取する行為が普通になっているそうです。