アルコールや薬、化学調味料を始めとした食品への添加物等を酵素で分解し、無毒化する事を解毒と呼び、肝臓が果たしている大切な務めのひとつだということは間違いありません。
フィトケミカル(phytochemical)のジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる化学物質について、肝臓に存在する解毒酵素のスムーズな創造を促進しているかもしれないという事実が判明してきました。
体脂肪量には変化がないのに、体重だけが食物の摂取や排尿等で一時的に増減する際は、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少すると体脂肪率が高くなることがわかっています。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために働く特別な酵素や、細胞・組織の再生に深く関わる酵素など、200種類以上ある酵素の構築要素として絶対に外せないミネラルの一つです。
ダイエットに勤しむあまり1日の総カロリーを控える、食べる量が少ない、そうした生活を続けるとひいては栄養をも不足させ、深刻な冷え性を誘発する事は、多くの医師が問題視されているのです。
BMIを算出する式はどの国でも同じですが、値の位置づけは各国少しずつ違い、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI22が標準体重、25以上は肥満、18.5未満を低体重と決定しています。
メタボリック症候群とは診断されなかったとしても、臓器の脂肪が蓄積しやすい特性の悪質な肥満を抱えてしまうことによって、数多くの生活習慣病を誘引する可能性が高まります。
ほぼ100%に近い割合で水虫=足、ことさら足の裏や指の間に発症する皮膚病だと間違えられやすいのですが、白癬菌にかかる場所は決して足だけではなく、全身いたる所にうつるという可能性があるのです。
杉花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻づまり、くしゃみ等)のために夜よく眠れない場合、それが要因で睡眠不足に陥り、次の日目覚めてからの行動性に芳しくない影響を与えることもあるのです。
体重過多に陥っている肥満というのは当たり前のことながら食事の栄養バランスや運動不足などが誘因ですが、量の等しい食事をとっていても、大慌てで食べ終わる早食いをし続けたならば肥満(obesity)の状態を招きやすくなります。
「いつも時間に追われている」「気を遣ういろんな人間関係が嫌でしょうがない」「テクノロジーや情報の著しい進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスが蓄積されてしまう要因は人によって異なるようです。
トコトリエノールの効果としては抗酸化機能が一段と認識されていますが、他に肌を美しくする作用や、血清コレステロールの生産を抑制したりするということが認められています。
道路事故や作業現場での転落など、とても大きな外力が体にかかった場合は、複数個所に骨折がもたらされてしまったり、骨が外部に突出する複雑骨折となったり、更には内臓破裂することもよくあります。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科手術では大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「大動脈冠動脈バイパス移植手術」の二つの異なる技法が活発に使われています。
患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足した結果、不眠、憂うつ、著しい疲労感、食欲の低下、体重の減少、強い焦り、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図等の症状が心身に現れるのです。