多くの保険会社が加入する日本損害保険協会は、日本国内の会員である損害保険業者の健全で良好な発展と信用性の増進を図り、これにより安心であり安全な世界の実現に関して寄与することを協会の事業の目的としているのだ。

すでにわが国内においては、どんな銀行でも、強い関心を持って国際的な金融規制等(市場や取引)が強化されることも考慮し、これまで以上の財務体質の強化、あるいは合併・統合等も組み入れた組織の再編成などに積極的な取り組みが行われています。

昭和21年に設立された日本損害保険協会は、主として日本国内の損害保険各社および業界全体の正しく適切な発展さらに信頼性のさらなる向上を図り、それによって安心で安全な社会を実現させることに寄与することが目的である。

つまり安定的というだけではなくバイタリティーにあふれた他には例が無い金融システムを生み出すためには、どうしても民間企業である金融機関だけでなく行政が双方の抱える問題を積極的に解決しなければならないのです。

このため日本の金融・資本市場の競争力等を強化することを目的とした規制緩和のほか、金融に関する制度の更なる質的向上が目的とされた試み等を積極的にすすめる等、市場環境と同時に規制環境の整備がすでに進められているのです。