「嫌な事されたのにいい事して返す」
っていうのは単なる偽善なんですかね?

そうとも限らないと思うんですけど。
自分を不利な状況にされられても、腐らず頑張り続けた事で成功した例を何件も知っています。
頑張り続ける事が偽善ではなかったとは言い切れませんが、たとえ偽善だったとしても変わってくる物や事はあるのではないでしょうか。
また、子供にも理解できると思います。
始めからは無理でしょうけど。

今回の件は事が事だけに賛否両論あって当然だと思います。
が、このお父さんも相当心を悩ませたはずです。
人殺しであるかもしれない子供達を呼んだんですから。
だからその気持ちを傷つけるような発言はちょっと…ですね。

はらわた煮えくりかえりながら「立派なコメント」をするのは何故なんでしょう? 世間体の為なんでしょうか。ちょっとわけがわかりません。本音を隠して建前を言う事で一体なにが解決するんでしょうね。
死んでまで伝えたかった事をねじ曲げられた…と思ってしまいます。
お父さんが最後まで味方してあげて欲しかった。守ってあげて欲しかったな。
肝心な部分でお父さんが「社会と学校といじめっ子」に迎合してしまった気がしました。