どうして人は大金を貸したり上げたりしてしまうんだろう。

本気でわからん。
友達同士でその場でジュースを買うのに10円足りないとか50円足りないとかさ。せいぜい100円くらいまでは奢るつもりで出してあげたりしなくもない。相手が恋人とかなら事情によっては1000円くらいまでなら…だけどさ。
それだって学生時代までの話で、いい年した社会人、まして高齢者なら金なんかあって当たり前。60代で女に100万円も無心するような男は完全にアウトじゃないの? 甲斐性的に。
ていうか嘘臭いって。
ウン百万~ウン千万規模の負債とかって話なら逆に現実味も帯びるけど、100万円て…。少額なんだか大金なんだかわからないな…。

ちなみに無心されたのがウン百万からウン千万規模なら1秒だって考える間もなく「アバヨ!」だな。今件のじーさんもそれを想定して女の出せそうな金額にしたんだろうか。

とにかく私が異性に尽くす時は金がかからんようにが基本だから、こういうのは理解し難い。