様々な花粉症の症状(鼻水、酷い鼻詰まり、くしゃみ等)のために夜間よく睡眠を取れないと、それが要因で慢性的な睡眠不足になり、翌日目覚めてからの業務の遂行に悪影響を与えるかもしれません。
メタボリックシンドロームとは言われていなくても、内臓に脂肪が多く付着するようなタイプの悪い肥満症を持ってしまう事に縁って、数多くの生活習慣病を招く可能性が高まります。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格のない方でも利用する事のできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスに応じて利用することで、心室細動に対しての治療の効果を患者に与えます。
一旦歯の表面を保護している骨を浸食するほど拡がってしまった歯周病は、悲しいことに病状が治まったとしても、失った骨が元の量に復活することはまずありません。
好気性桿菌の結核菌は、菌を持っている人が「咳」をすることによって空間に投げ出され、空気中でフワフワ飛んでいるのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことによってどんどん感染します。
急性腸炎(acute enteritis)は、ほとんどの場合腹痛・悪心・下痢の症状が出る程度ですが、細菌感染によるものの場合は凄まじい腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢の他に高熱も出るのが通例です。
毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、これまでの膨大な研究結果から、予防接種の効果を見込めるのは、接種のおよそ2週後から150日ほどと考えられているのです。
アルコールをクラッキングするという力があるナイアシンは、ゆううつな宿酔によく効く成分です。辛い宿酔の誘因物質とみられているエタナールという物質の無毒化に作用しています。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が動かなくても燃焼してしまうエネルギーのことで、その大部分を様々な筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・頭部の脳の3つで使うということです。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、普通ならば人間の体をガンから保護する役割を持つ物質を生成するための型みたいな遺伝子の異常で発病する病気だということが分かっています。
素人が外から観察しただけでは骨が折れているのかどうか自信がない場合は、ケガをした所にある骨を優しく指で突いてみてください。もしそのポイントに強い痛みが走れば骨折の疑いがあります。
結核対策は、長年、1951年に制定された「結核予防法」に従う形で推進されてきましたが、半世紀が経過した2007年からこれ以外の感染症と一括りにして「感染症法」に準拠して実行されることとなりました。
うつ病というのは脳の中の神経伝達物質のセロトニンが不足することにより、不眠、憂うつ、著しい疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦り、極端な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図など様々な症状が出現します。
耳鳴りにも種類があり、当事者にしか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように本人だけでなく他の人にも品質の高いマイクロホンを利用してみると感じられるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
アイコンタクトで、患者さんが犬のことを可愛いと思った時に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌され、ストレス緩和や癒やしに繋がります。