筋緊張性頭痛というのは肩凝り、首のこりから来る最も多いタイプの頭痛で、「ギュッと締め付けられるような強い頭痛」「ズシッと重苦しいような酷い痛み」と言い表されています。
バイ菌やウィルスなどの病気を連れてくる病原微生物、すなわち病原体が口から肺へ入って伝染し、左右どちらかの肺が炎症を起こした様子を「肺炎」と断定しています。
BMIを計算する式はどこの国でも一緒ですが、数値の評価基準は国家によって少しずつ違い、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22を標準体重、BMI25以上を肥満、18.5未満を低体重と定義付けています。
クシャミに鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の諸症状は、アレルギーの原因である花粉の放出量に追従しているかのように悪化の一途を辿ってしまう傾向があるということです。
スギの木の花粉が飛散する時に、小さな子どもが体温はいつも通りなのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした水っぱなが止んでくれない症状に当てはまったら、もしかしたら『スギ花粉症』かもしれないのです。
パソコンの小さなちらつきを低減するレンズの付いた専用メガネが最も人気を集めている要因は、疲れ目のケアに多くの人が苦心しているからでしょう。
コンサートやライブなどの開催される施設や踊るためのクラブハウスなどに置かれている非常に大きなスピーカーの正面で大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなることを「急性音響外傷」と称しています。
AIDSというのはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染によって起こるウイルス感染症のことであり、免疫不全となって些細な病原体による日和見感染やガン等を複数発病する症候群のことを称しています。
日本における結核への対策は、長年、1951年に生まれた「結核予防法」に拠って推奨されてきましたが、56年後の2007年から数多くある結核以外の感染症と等しく「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づいて遂行されることになったのです。
多機能な肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、動脈硬化や狭心症というような多くの疾病を誘引する可能性が高いといわれています。
日光に当たると生成されるV.D.は、Caが人体に吸収されるのを助長するという機能で有名で、血中のCa濃度を操って、筋肉の働きを適切に調節したり、骨を生成したりしてくれます
20才代、30才代で更年期が訪れるとすれば、医学用語で表現すると「早発閉経(POF)」という疾患を指します(我が国では40歳以下の女の人が閉経することを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と定義付けています)。
塩分や脂肪の摂取過多は避けて無理しない程度の運動に尽力するだけでなく、ストレスを溜めすぎないような毎日を心がけることが狭心症の誘因となる動脈硬化を未然に防ぐ知恵なのです。
チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や足がしびれるような感覚があったり脚の浮腫みなどが象徴的で、症状が進行すると、あろうことか呼吸困難に至る心不全を併発することがあるそうです。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えて喫煙・アルコールを毎晩飲む事・肥満等の生活習慣が悪化したこと、ストレスに縁り、最近、日本人に多く発症している疾患の一つです。